GETTY

Photo: GETTY

エミネムは2002年発表のヒット曲“Lose Yourself”へのオマージュとなるマムズ・スパゲッティのポップアップ・ショップを再びオープンさせることが決定している。

『8マイル』のサウンドトラックに収録された“Lose Yourself”には次のような一節がある。「His palms are sweaty, knees weak, arms are heavy / There’s vomit on his sweater already, mom’s spaghetti(彼の手は汗ばみ、膝は震え、腕は思い/スウェットには既にゲロが、ママのスパゲッティだ)」

レストランはエミネムの出身地であるデトロイトで現地時間9月29日に再オープンする。スパゲッティとミートボールを中心としたスパゲッティ・サンドウィッチを含むメニューが提供され、「ザ・トレイラー」と題されたマーチャンダイズ・ショップも併設される。

地元ではコマーシャルも放送されており、専用の電話番号も公開されている。

『デトロイト・ニュース』によれば、今回のマムズ・スパゲッティはエミネムとレストラン・グループのユニオン・ジョインツのコラボレーションとなっており、2017年と2018年のポップアップ・ショップでも両者は協力していた。昨年4月にはマムズ・スパゲッティの食事400食を現地の医療従事者に提供していた。

エミネムは10月1日に新曲をリリースするのではないかとファンの間では噂されており、今回のポップアップ・ショップはそれに連動したものではないかとも見られている。

エミネムは通算11作目となるアルバム『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』を昨年1月にリリースしている。さらに12月には『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ – サイドB』もリリースされている。

先日、ジャック・ハーロウはエミネムと電話をして賛辞を送ってもらったことについて語っている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ