GETTY

Photo: GETTY

セックス・ピストルズのジョン・ライドンは伝記映像作品を巡る裁判について改めてバンドメンバーを批判している。

ジョン・ライドンは8月23日にバンド・メンバーとの訴訟で敗訴している。ジョン・ライドンはダニー・ボイルが手掛ける伝記映像作品『ピストル』でのセックス・ピストルズの音楽使用を拒否して訴えられていた。

先日、ギタリストのスティーヴ・ジョーンズとドラマーのポール・クックは法廷闘争に対するジョン・ライドンのコメントに反論する声明を出している。

今回、スポークンワード・ツアー「アイ・クドゥ・ビー・ロング、アイ・クドゥ・ビー・ライト」の初日を迎えたジョン・ライドンはステージで次のように語っている。「連中は強欲で、利己的で、汚らわしい存在になってしまった。でも、仕方ないよね」

「今回の問題は連中がまったく言わなかったってことでね。3年間も計画しながら、それを連中は秘密にしていたんだ」

「俺は200万ポンド(約3億円)を失うことになったんだ。どうでもいいけどね。ただの金だからだね」

スティーヴ・ジョーンズとポール・クックはジョン・ライドンの主張に反論して、ダニー・ボイルが手掛ける伝記映像作品『ピストル』について事前に伝えていたと述べている。

「ジョン・ライドンがウェブサイトに発表したコメントがありましたが、彼は本撮影が始まる数ヶ月前に『ピストル』のテレビ番組について知らされており、監督とのミーティングを提案され、番組に関わるように言われていたことを改めてお伝えします」と声明では述べられている。「彼はそうした提案を拒否し、彼が参加しなかったこと、少なくとも監督のダニー・ボイルと共同脚本家のクレイグ・ピアースと話をしなかったことは悲しいことでした」

『ピストル』は全6話で、メイジー・ウィリアムズがパンク・アイコンのジョーダンを、『ベイビーティース』への出演で知られるトビー・ウォレスがスティーヴ・ジョーンズを、アンソン・ブーンがジョン・ライドンを、ルイ・パートリッジがシド・ヴィシャスを演じる。

本作はディズニー傘下のFXチャンネルで放送される予定となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ