GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストは新作『ドンダ』について親会社であるユニバーサル・ミュージックが彼の許可なくリリースしてしまったと主張している。

27曲を収録した『ドンダ』は何度かの延期と3回にわたるリスニング・イベントを経て8月29日にリリースされており、ジェイ・Z、トラヴィス・スコット、ザ・ウィークエンド、リル・ベイビー、キッド・カディ、プシャTらが参加している。

しかし、カニエ・ウェストはソーシャル・メディアでデフ・ジャムとG.O.O.D.ミュージックの親会社であるユニバーサル・ミュージックが許可なく新作をリリースしたと述べている。

「ユニバーサルが許可なくアルバムをリリースしたんだ」とカニエ・ウェストはインスタグラムで述べており、ダベイビーとマリリン・マンソンが参加した“Jail, Pt. 2”をユニバーサルが「ブロックした」と主張している。

『ドンダ』がリリースされた当初、“Jail, Pt. 2”はストリーミングに掲載されているものの、再生できない状況となっていた。現在、ストリーミング・サービスでは“Jail, Pt. 2”を再生することができる。

新作『ドンダ』がリリースされる直前にカニエ・ウェストはソーシャル・メディアで2つのメールのやりとりのスクリーンショットを公開しており、それはマネージャーのブー・タイムが“Jail, Pt. 2”のヴァースを使用する許可をダベイビーからマネージャーが受け取っていないことを伝えるものとなっていた。

ダベイビーことジョナサン・カークはフェスティバルのローリング・ラウド・マイアミで同性愛とエイズに関するコメントで批判を受けており、多くのフェスティバル出演がキャンセルされている。

『ドンダ』では“Believe What I Say”でローリン・ヒルの“Doo Wop (That Thing)”のサンプリングが使われていることが話題となっている。

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ