GETTY

Photo: GETTY

トラヴィス・スコットは映画『ムーンライト』、『レディ・バード』、『ミッドサマー』で知られるA24と自身の映画会社であるカクタス・ジャック・フィルムスが映画製作の契約を結んだことが明らかになっている。

『ヴァラエティ』誌によれば、両社が最初に手掛けるプロジェクトは今年リリースされると見られているトラヴィス・スコットの待望の新作『ユートピア』に関連したものになるという。インスタグラムでトラヴィス・スコットは一部黒塗りした脚本の第一稿の写真を投稿して、「人生は映画だ。このアルバムもそうなんだ」と述べている。

トラヴィス・スコットは先日出演したローリング・ラウド・マイアミで新曲“Escape Plan”を初披露している。この時、トラヴィス・スコットはドローンの一群が空にQRコードを映し出しており、これは“Escape Plan”の予約につながるリンクとなっていた。“Escape Plan”のリリース日は明らかにされていない。

『ユートピア』はドレイク、フランク・オーシャン、ザ・ウィークエンドらが参加している2018年発表の『アストロワールド』に続く作品となる。

今年、トラヴィス・スコットはベイビー・キームの“Durag Activity”に参加しているほか、エリカ・バンクスによる“Buss It”のリミックスにも参加している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ