GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトはレア曲“Ronan”で取り上げた人物の母親によれば同曲が『レッド(テイラーズ・バージョン)』に収録される予定だという。

“Ronan”はiTunesのみでリリースされた楽曲で、ガンで亡くなった4歳の少年のローナン・トンプソンを取り上げている。

ローナン・トンプソンの母親であるマヤ・トンプソンは『ロックスター・ローナン』と題したブログでテイラー・スウィフトに影響を与えており、この曲の共作者としてクレジットされている。新たなブログの投稿で、マヤ・トンプソンはテイラー・スウィフトから送られてきた手紙の一部を公開している。

「先日、通算4作目となるアルバム『レッド』の再レコーディングを終えました」とテイラー・スウィフトは書いている。「いろんな意味で私の予想を超えるものになったわ。そのうちの一つが“Ronan”をこのアルバムに付け加えるのがふさわしいと思ったことなの。『レッド』は傷心と癒やし、怒りと激しさ、悲劇とトラウマ、想像できた未来の喪失についてのアルバムなの」

「『レッド』を作っている時に悲しくも正直に書いてくれたあなたの物語を知って“Ronan”を書いたの。このアルバムにあの曲が収録されるべきだという私の意見に同意してくれることを心から願っている。共作者として、この物語の担い手として、あなたの意見と許可が私としては重要なの。あなたの希望を尊重するわ」

マヤ・トンプソンは“Ronan”が『レッド(テイラーズ・バージョン)』に収録される許可を与えたことを明かしている。「これが自分にとってどれだけ大きかったか伝えるのに、涙ながらで最善を尽くしました。しかし、私の感情を正確に届ける言葉が英語にはありません」と彼女は述べ、子どもに言葉を向けている。

「テイラーはこの世界に対してあなたの語り部となってくれたの。だから、あなたが失われることはないわ。そして今回テイラー・スウィフトは新たな永遠の家でずっと安全にいられるようにしてくれようとしている。彼女はもう一度声なき死別した両親に声を与えようとしてくれているの。『レッド(テイラーズ・バージョン)』は11月19日にリリースされるわ。あなたがいますように」

マヤ・トンプソンは「ローナンを忘れなかったこと」と「因習を破って解放したこと」でテイラー・スウィフトに感謝している。「人生のいろんな側面であなたは常にインスピレーションの源でした。あなた以上にローナンと一緒にいてほしい人はいないわ」

先日、テイラー・スウィフトは『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』をグラミー賞の対象とするための申請をしないことを所属レーベルが発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ