NPR

Photo: NPR

ヤング・サグはNPRの名物企画「タイニー・デスク・コンサート」に出演して、来たる「パンク」アルバムからの新曲を初披露している。

パフォーマンスはロサンゼルスのフーディニ・エステートの庭で撮影されており、“Die Slow”、“Droppin’ Jewels”、“Hate The Game”、“Tick Tock”という4曲の新曲を披露しており、“Ski”の新バージョンにはブリンク182のドラマーのトラヴィス・バーカーが参加している。

パフォーマンス映像はこちらから。

動画の概要欄とヤング・サグの着ているTシャツで新作『パンク』は10月15日にリリースされることが明らかになっている。ヤング・サグのアルバムは2019年発表の『ソー・マッチ・ファン』以来となる。

「ヤング・サグはタイニー・デスク・コンサートへの初出演を自分の次の季節を紹介する機会として使いました。それは『本物さ、社会意識、総合的な純粋さ』を体現するものになると言われています」と「タイニー・デスク・コンサート」のプロデューサーであるシドニー・マデンは紹介している。

「グラミー受賞者のライムは音楽がどれだけラフでもスムーズになめらかで、ファンをエネルギーとエモーションの旅に連れていきます」

ヤング・サグはパンク・アルバムについて2019年から言及しており、『フェイダー』誌で次のように語っている。

「間違いなく最も心動かされるアルバムだよ。世界も受け入れてくれる音楽になっている」

「パンクとは勇敢なことなんだ。自己検閲せず、意識的で、すごく無視されて誤解されて、我慢の時を過ごしてきた。でも、本物なんだよ」

ヤング・サグは先週末に行われたフェスティバル、ローリング・ラウド・マイアミで“Tick Tock”を初披露していた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ