GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランは娘の出産を受けて音楽から引退しそうになっていたことを明かしている。

2019年から長きにわたって活動を休止していたエド・シーランだが、昨年9月に妻のチェリー・シーボーンが第一子となる娘のライラを出産したのを受けて、今後ずっと活動しない可能性もあったと語っている。

エド・シーランは今回「シリウスXM」で次のように語っている。「少し音楽を演奏するのを止めていたんだ。音楽は人としての僕そのものだけど、娘が生まれて、『まさに、これこそが僕だ。父親になるんだ。もう音楽は演奏しない』と思ったんだ」

しかし、父親としての最初の日々で多くの「時間と労力」を注ぎ込んだ上で、仕事に戻るのが娘にとっていい手本になると感じたと語っている。

「急に思ったんだよね。両親に勤労精神があると知って育つことのほうが娘にとって重要なんじゃないかってね」と彼は語っている。

「そういう形で音楽にゆっくりと戻ったんだ。そして、クリエイティヴなプロセスがもう一度回り始めたんだ」

エド・シーランは先月、通算4作目のアルバムから最初の楽曲となる“Bad Habits”が公開されている。

エド・シーランは先月サッカーのイングランド代表のためにパフォーマンスを行ったことについて語り、最高の瞬間だと語っている。

エド・シーランは6月にサッカーのイングランド代表のために本拠地であるセント・ジョージズ・パークでパフォーマンスを行っている。

エド・シーランはサッカー好きとして知られ、フットボール・クラブであるイプスウィッチ・タウンFCのユニフォームのスポンサーとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ