Andy Ford

Photo: Andy Ford

ノエル・ギャラガーはミュージック・ビデオに出演するのが嫌いだという自身の思いについて語っている。

ノエル・ギャラガーはハイ・フライング・バーズ期の10年を振り返るベスト盤『バック・ザ・ウェイ・ウィー・ケイム:Vol 1 (2011-2021)』をリリースしており、同作には2曲の新曲“We’re On Our Way Now”、“Flying On The Ground”が収録されている。

ゲイリー・ケンプとガイ・プラットによるポッドキャスト『ロカンターズ』に出演したノエル・ギャラガーはミュージック・ビデオの撮影時のストレスについて言及している。

「ミュージック・ビデオは嫌いなんだ。心から嫌いだよ」と彼は語っている。「金がかかるという事実も嫌いだし、1日中雨の中でダラダラしてなきゃならないんだ」

「俺が言うのは『俺にできるのはこれだけだ。あとはお前らでできることをやってくれ。10秒しか出ないぞ』ってことでね。できるなら、俺の代わりに他の有名人を担ぎ出したいんだよね」

“We’re On Our Way Now”と“Flying On The Ground”のミュージック・ビデオに出演した『ドクター・フー』などで知られるマット・スミスとの関係についてノエル・ギャラガーは「俺たちは前々からの友人なんだ」と語っている。

「ある夜、彼が俺の家に来てくれたんだけど、朝の4時に帰ることになったんだ。『なあ、ミュージック・ビデオなんか出たくないよな』と言ったら、出るよと言ってくれてね。そうやって彼をつかまえたんだ」

先日、ノエル・ギャラガーはオアシスのネブワース公演を追ったドキュメンタリー作品について自身の見解を語っている。

「そう、あれがものすごいんだよ」と彼は語っている。「観てすごく感情的になってしまったよ。サウンドが素晴らしいんだよね。リアムは間違いなくピークで、見た目も服も素晴らしいし、音が最高なんだよ。もちろん、バンドに近いものになっていて、誰とも違う形で楽しめると思うよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ