GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはドキュメンタリー『ノエル・ギャラガー:アウト・オブ・ザ・ナウ』のトレイラー映像が公開されている。

スカイ・アーツで放送されるこのドキュメンタリーはウェスト・エンドにあるデューク・オブ・ヨークズ・シアターで行われたパフォーマンスを収録しつつ、オアシスからハイ・フライング・バーズにまで及ぶキャリアを語るものとなっている。

公開されたトレイラーでノエル・ギャラガーはハイ・フライング・バーズでの初めてのツアーやリアム・ギャラガーなしで制作した初めてのソロ・アルバムについて語っている。

ノエル・ギャラガーは新曲に対して賛否が分かれる自身のファンベースとの関係についても触れている。

ドキュメンタリーの概要には以下のように書かれている。「『ノエル・ギャラガー:アウト・オブ・ザ・ナウ』ではロンドンのデューク・オブ・ヨークズ・シアターで行われた伝説的なソングライターによる至近距離のパフォーマンスとストーリーテリングをお送りします」

「畏怖を抱かせるフル・バンドの力を得たノエル・ギャラガーはハイ・フライング・バーズからオアシスにまで及ぶ10曲を披露し、ブリットポップのカルチャーを定義し続けている自身の人生とキャリアの重要な瞬間に私たちを連れて行ってくれます」

『ノエル・ギャラガー:アウト・オブ・ザ・ナウ』は現地時間6月10日21時と6月12日21時に放送される。

先日、ノエル・ギャラガーは2011年発表のソロ・デビュー作『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』が「次のオアシスのアルバム」になるはずだったことを明かしている。

「オアシスの最後のツアーで“If I Had a Gun”、“Everybody’s On the Run”、“(I Wanna Live In A Dream In My) Record Machine”を書いたんだ」と彼は振り返っている。

「“AKA… What a Life!”が最後に書いた曲だった。あれがソロ・アーティストとしての自分の誕生だったんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ