GETTY

Photo: GETTY

コートニー・ラヴはホールの再結成について今後実現することはないと語っている。

コートニー・ラヴは2019年の『ガーディアン』紙でホールの再結成について言及し、次のように語っている。「まさにそのことについて語っているの。自分の過去を讃えるのは間違ったことではないしね」

また、2020年にコートニー・ラヴは『NME』にパティ・シュメルとメリッサ・オフ・ダ・マーとリハーサルをして「素晴らしいセッションになった」と語っていた。ホールの再結成の可能性について訊かれると、彼女は次のように語っている。「やりたいから、ロックダウン中にZoomでギターのレッスンも受けて、また曲を書き始めたの」

しかし、今回『ヴォーグ』誌の新たなインタヴューでコートニー・ラヴは「ちゃんとしたホールの再結成」は「間違いなく実現しない」と語っている。

彼女は次のように続けている。「吹っ切らなきゃいけなかったのよ。昔のマネージャーであるピーター・メンシュが1年に一度は電話してくるんだけどね。『君とジミー・ペイジには毎年やることをやってるんだ』って。あの会社にいることは光栄だけど、実現することはないわ」

コートニー・ラヴは次のように締めくくっている。「みんな、いい友人だけどね。特にメリッサとは近い関係にあるの。毎日、話をしているわ。でも、エリックは今は連絡がとれないのよ。文字通り、お坊さんになろうと日本にいるんだと思う。冗談じゃないの。メリッサとパティと私は彼がお坊さんかなんかになろうとしていると考えている」

ホールは2012年にカムバック公演を行っており、2014年にコートニー・ラヴはエリック・アーランドソン、パティ・シュメル、メリッサ・オフ・ダ・マーとリハーサルを行っているが、その後再結成の可能性は否定されていた。2年後、コートニー・ラヴはパティ・シュメルとメリッサ・オフ・ダ・マーとの写真を投稿して、次のように述べている。「彼女たちとホールみたいなことをもう一度持ち出そうとしているの」

先日、コートニー・ラヴはザ・ビッグ・ムーンやエイミー・マンが参加した新曲をリリースすることを予告している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ