PRESS

Photo: PRESS

サム・スミスは昨年10月にサード・アルバム『ラヴ・ゴーズ』をリリースした直後に行った『ラヴ・ゴーズ – ライヴ・アット・アビー・ロード・スタジオ』がネットフリックスで公開されている。

このライヴではアルバム『ラヴ・ゴーズ』の楽曲を中心に“”Too Good at Goodbyes”や“Stay with Me”といったヒット曲のほか、シンディ・ローパーの“Time After Time”のカヴァーも披露されている。

番組の詳細はこちらから。

https://www.netflix.com/title/80084830

サム・スミスはシンディ・ローパーとZoomで会話を交わした模様も今年3月に公開されており、サム・スミスは「歌っていてとても幸せな気分になりました」と語っており、シンディ・ローパーは「あなたのバージョンを聴いたけれど、本当に素晴らしい。あなたのストリングスのアレンジメントには素敵な遊び心があって、それが何だかスピリチュアルに感じました」と感想を述べている。

YouTubeで公開されている“Time After Time”のカヴァー映像はこちらから。

全13曲に及ぶこのパフォーマンスはオーディオのみ、2021年3月にデジタル配信とLPでリリースされており、日本では日本限定盤としてCDでもリリースされている

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ