GETTY

Photo: GETTY

エミネムの作ったビートのNFTを購入したファンはそのビートにラップを乗せた自身の楽曲を公開している。

ファンのトム・マクドナルドは10万ドルで「スタンズ・リヴェンジ」というNFTを購入しており、それを使って3分の楽曲“Dear Slim”を公開している。同曲はYouTubeにアップロードされて、400万回以上の再生回数を記録している。

トム・マクドナルドは“Dear Slim”について次のようにラップしている。「Whether you love me or hate me or think I’m crazy/ Dropped a hundred grand to get a beat from Shady/ I really hope when I bought it he wasn’t angry/ But I really had to tell him that he made me(俺のことを好きにせよ嫌いにせよクレイジーだと思うにせよ、シェイディのビートを手に入れるために10万ドルを使ったんだ/俺が買ったことを怒らないことを願うよ/でも、彼が俺を生み出したんだとは言っておきたいね)」

NFTを購入したことについてトム・マクドナルドは次のようにツイートしている。「ヒップホップの歴史においても“Dear Slim”は最も高値でクリエイティヴな感謝の気持ちだね」

エミネムは「シェイディ・コン」で初めて売りに出したNFTの最初のコレクションが178万ドル(約1億9400万円)の値をつけたことが明らかになっている。

コレクションにはエミネムのミュージック・ビデオで知られるキャラクターのアクション・フィギュアやエミネム自身が作ったインストゥルメンタルのビートなどが含まれていた。

エミネムはNFTの発表時に次のように述べている。「子どもの頃からいろんなものを集めてきたんだ。コミック・ブックからベースボール・カード、おもちゃと同様にラップのアルバムをカセットテープで手に入れていたんだ。大人になってもそんなに多くは変わらないね。あの頃のコレクションを再現してみようとしてきたんだ。そして、それも自分だけじゃないということが分かったよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ