GETTY

Photo: GETTY

レディー・ガガの犬の暖歩代行者だったライアン・フィッシャーは銃撃されて2匹のフレンチ・ブルドッグを誘拐された後、肺の一部を切除したことが明らかになっている。

インスタグラムの投稿でライアン・フィッシャーは事件後数週間で一旦退院したが、再び入院したことを明かしている。

「回復までには一筋縄じゃいかないんだ」と彼は述べている。

「僕の肺が治ってないことが明らかになったんだ。銃弾の傷が火傷のように組織を傷つけていて、穴を防ぐのに1ヶ月ほどかかる可能性もあるみたいなんだ」

ライアン・フィッシャーは執刀医が「肺の一部を切除しなければならず、車椅子に乗って手術に運び込まれる時に、僕の容態は一筋縄じゃないんだということをやっと受け入れたよ」と説明している。

先日、犬を強盗された事件について散歩代行者の家族はその後のレディー・ガガの支援に感謝している。

また、レディー・ガガはリドリー・スコット監督による映画『ハウス・オブ・グッチ(原題)』からの最初の写真が公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ