GETTY

Photo: GETTY

デュア・リパは昨年行った生配信ライヴ「スタジオ2054」がハッキングされそうだったことが明らかになっている。

昨年11月に行われたこの大規模な配信ライヴにはマイリー・サイラス、エルトン・ジョン、カイリー・ミノーグらがゲストとして参加していた。

しかし、配信ライヴの主催者はハッカーが配信にアクセスしようとしたことで、イベントは不幸な結末を迎える可能性があったことを明かしている。

配信を企画したライヴ・ナウのジェイムス・サトクリフは『ザ・サン』紙に次のように語っている。「ショウが始まった時、私たちはサイバー攻撃の被害者となりました」

「私たちはスポーツ・イベントの生中継を数年にわたって行ってきたことで、それに対処することがきました。配信が落ちることはなく、ユーザーも気づかず、多くの観客に大規模なショウをお届けすることができました」

おかげで配信は滞りなく行われ、全世界で500万人以上が視聴している。

「金曜日の夜に世界で500万人以上の人がスタジオ2054に参加したことをお伝えできてものすごく嬉しいわ。配信を観てくれたみんなに感謝しているわ」とデュア・リパは配信後にツイートしている。

デュア・リパはエルトン・ジョンによる29年目のエイズ・ファウンデーション・アウォーズのアカデミー賞事前パーティーでヘッドライナーを務めることが決定している。

「今年は私たちのオスカー・パーティーをオンラインで初めて自宅にお届けします。デヴィッド・ファーニッシュと私、親愛なる友人のニール・パトリック・ハリス、そして素晴らしいデュア・リパ、驚くべきサプライズのたくさんの人物と共に忘れられない夜になるでしょう」とエルトン・ジョンは声明で述べている。

「今はこれまで以上にパンデミックによって別のものが犠牲にならないようにしなければなりません。世界で3800万人の人々がHIVと共に暮らし、治療と愛と支援を必要としていることを忘れてはならないのです。アカデミー賞の事前パーティーでもスペシャルなものにみなさんが参加してもらえることを願っています」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ