ED MILES/NME

Photo: ED MILES/NME

オジー・オズボーンが股間に“尻尾”を携えてアラモ慰霊碑を訪れた。これは彼の人生で2度目の出来事だが、今回はこの記念碑に小便をかけるために“尻尾”を使いはしなかった。

ピンクのタイツとバレエ・シューズに身を包んだ「ヘヴィ・メタル界のゴッドファーザー」は1982年、テキサス州、サンアントニオの尊敬を集める慰霊碑に向かって特別長い小便をかけた。テキサス革命に当たり1836年にメキシコ軍とテキサス軍の間で争いが起こってからというもの、アラモ慰霊碑はそのシンボル的な存在となっているため、オジー・オズボーンがその慰霊碑に小便をかけたことで地元の住人は当然のことながら困惑した。

そして33年後の現在、オジー・オズボーンは公に謝罪するため、ヒストリーチャンネルの撮影班を引き連れサンアントニオに戻ってきた。上記の事件でサンアントニオには10年間立ち入ることができなかったので、今回は機内で炭酸水を控えたようだ(謝罪のニュースはこちらから→https://nme-jp.com/news/8163/)。

しかし、公共の場で下半身を晒したミュージシャンは彼だけではないのだ。あなたのことを言っているのではない。そういうミュージシャンはたくさんいる。それでは紹介していこう……。

ザ・ローリング・ストーンズ

ちょっとした事実:60年代は「スウィンギング」というあだ名が付けられた。なぜならロックスターはガレージに小便をし、その下半身は「スウィンギング」していたからだ。1965年、ビル・ワイマンがガレージにあるトイレを使わせてもらえなかったため、ザ・ローリング・ストーンズのメンバーが抗議のため小便をしたというのは伝説になっている。メンバーはそれぞれ5ポンドずつの罰金を課せられたが、ロックスターにとっては安いものだ。あなたは、最低、と言うかもしれないが。


ジム・モリソン

「トカゲの王」と呼ばれたドアーズのフロントマン、ジム・モリソンは40年以上前、ウエスト・ハリウッドのレストランのバーで盛大に小便をした際、彼の小さな“爬虫類”をかごから出したという。


ジャスティン・ビーバー

著名なミュージシャンが公共の場で小便をした場合、普通はかわいそうなマヌケがそれをモップで掃除しなければならない。しかし今、黄金のキャリアの復活を満喫しているジャスティン・ビーバーの場合は違う。2013年、彼はニューヨークのレストランで、清掃人を煩わすことなく、モップ用のバケツに直接小便をしたのだ。なんとも思いやりのある若者だ。


ピート・ドハーティ

ミルウォールFCは、ライバルのクイーンズ・パーク・レンジャーズFCのファンであるピート・ドハーティに対する考えを改めることとなった。伝えられるところによれば、トロフィーをこっそり小便で満たしたことでピート・ドハーティはグラウンドをつまみ出されてしまったという。しかし、薬物を常用していた彼が小便で捕まるとは皮肉な話だ。


アントニー・コスタ(ブルー)

ATMを使いつつメールを打ち、同時に立ちションをしているアントニー・コスタを見てほしい。あなたが何を思ったか私には分かる。「何てこった、ブーツがダサすぎる」ってことだろう? そしてこの細く惨めな一本線は、まっすぐにグレイの壁に落ちて行く。ママ見て!手を使ってないのに!という感じである。

その時の写真はこちらから。
http://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/blues-antony-costa-urinates-at-cash-108953


イジー・ストラドリン

1989年、ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストであるイジー・ストラドリンがインディアナポリスからロサンゼルスまでの飛行機に乗っていた時のこと、トイレが使用中だったため、適切な判断として通路にそのまま小便をした。あの“Knockin’ On Heaven’s Door”のカヴァーを除いて、彼がしたなかで最悪な行為である。


ジョン・レノン

1964年8月、ハリウッドのパーティーで、女優のジェーン・マンスフィールドが知らずにジョン・レノンを苛立たせた。ジョン・レノンは仕返しのため、彼が知っている唯一の方法を使った。彼女のカクテルに内緒で小便をし、「何て素敵な人!」と言うのをニヤニヤしながら眺めるというものだ。


ウィズ・カリファ

これは、しょっぱいジョンレノンのカクテルと同じくらい美味しい話だ。ラッパーのウィズ・カリファは先月、ピッツバーグのフラッツというバーの裏で、小便をしたため罰金を取られた。ウィズが立ちション中。ウィズが立ちション中! 聞こえてる? もしもし?

その時の写真はこちらから。

https://www.facebook.com/wizkhalifa/photos/a.133118481141.141020.12138756141/10153605113176142/

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ