GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはワールド・ツアーを行う際の飛行機での長時間移動に対処する、極めてシンプルな方法を明かしている。

リアム・ギャラガーは、読書や機内で映画を観られるという利点を享受するのではなく、窓の外を眺めながら時々昼寝をするという、極めて基本的なやり方で長時間の飛行機移動に対処しているのだという。

「俺はスイッチを切るために本を読む必要なんかないんだ。俺は禅の輩でね。どうせ泥酔するって分かってるから、飛行機の中では酒だってもう飲まないしな。ひと眠りするんだ。30分くらいは奇妙な映画を観るかもしれないけど、そのうち飽きるからな。そういうわけで、俺は窓の外をただひたすら眺めるんだ」とオアシスの元フロントマンであるリアム・ギャラガーは『テレグラフ』紙に明かしている。

「そういうことにかけては、俺は禅野郎なんだ。そういうとこでも自分自身を楽しませることができるんだよ」

「席に座って、ガールフレンドに『まだ着かないのか?』って訊くんだ。『まだよ。まだ出発してもいないわ』って感じになるんだけどな」

リアム・ギャラガー先日、自身を象徴するパーカーとサングラスをどんな時でも身につけている理由について明かしており、おそらく飛行機内でもそれらを身につけているのだろう。

「俺は自分であることを隠そうとはしないんだ」とリアム・ギャラガーは語っている。「俺はスーパーマーケットにいても俺なんだ。同じ服、同じ髪型、同じサングラスを身につけてさ。庭仕事をしているときや、学校まで子供を迎えに行ったり見送ったりするときもそうさ。俺は変わらない。二重生活なんてしない。俺は俺だからね」

リアム・ギャラガーは10月6日にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースする予定になっているほか、12月には大規模なUKツアーを行う予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ