GETTY

Photo: GETTY

ザ・リバティーンズは、予定されていたブラックプール・エンプレス・ボールルームでのショウを延期せざる得なくなったことを受けて、その日にウォリントン・パー・ホールで新たに公演を行うことを発表している。

ブラックプール・エンプレス・ボールルームは「不可欠なメンテナンス作業」が必要なため、公演は12月14日に延期されるという。

会場側の声明では次のように述べられている。「ザ・リバティーンズによる9月22日のブラックプール・エンプレス・ボールルームの公演は、会場の不可欠なメンテナンス作業のため、延期せねばならなくなりました。公演は12月14日に振り替えられます。元々のチケットは再公演でも有効となります。おかけするあらゆるご不便に対してお詫びを申し上げると共にバンドとファンの皆様の御協力と御理解に感謝します」

9月22日に行われるウォリントン公演のチケットは現地時間の9月15日午前9時に発売される。今回の沿岸地域を回るツアーでは、ラット・ボーイ、ザ・パディントンズ、ルーシー・バラー、トランポリンなどがサポート・アクトを務める予定となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ