GETTY

Photo: GETTY

現地時間9月9日、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズはマンチェスター・アリーナの再オープン公演でヘッドライナーを務めている。

このライヴの収益は今年5月のアリアナ・グランデ公演で起きたテロによる22名の犠牲者を追悼する恒久的な記念碑建設のために「マンチェスター・メモリアル・ファンド」に寄付される。この日の公演にはサポート・アクトとしてリック・アストリー、ピクシー・ロット、ブロッサムズ、ザ・コーティナーズが出演している。

ノエル・ギャラガーはヘッドライナーとして最後にステージに上がって、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズやオアシスの楽曲による感動的なセットリストを披露している。

テロの後に決して屈しないことのアンセムとなった“Don’t Look Back In Anger”を演奏する前にノエル・ギャラガーは次のように語っている。「マンチェスターがイングランドで最高の街だということを誰かが疑うというなら……1分間の黙祷があって、ある少女が沈黙を破って歌い出したんだ。そして、これから歌おうとしてる曲にみんなが結集したのは素晴らしかったよ」

「ある種、抵抗のアンセムになったんだ。歌う時は勝つことができる。だから、歌い続けよう」

オンラインでは演奏中にノエル・ギャラガーが涙を拭う映像が公開されている。その映像はこちらから(映像の4分12秒あたり)。

しかし、弟のリアム・ギャラガーはこの日のノエル・ギャラガーのパフォーマンスを批判しており、「ノエル・ギャラガーが泣いちまったんだってな。あんなの真面目に真に受けるなよ。あいつは気にしちゃいないんだ」とツイートしている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ