GETTY

Photo: GETTY

ザ・ワイルドハーツの活動で知られるジンジャー・ワイルドハートが入院したと報じられている。

ジンジャー・ワイルドハートのマネージメントは声明を発表しており、マンチェスターとロンドンでのライヴが結果として延期されることを発表している。

「ジンジャー・ワイルドハートのメンタルヘルスについての進行中の問題のために残念ながら、直近の予定されていたライヴ出演を果たすことができなくなりました」と声明では述べられている。

「ジンジャーは現在入院しており、24時間体制の看護を受けており、可能な限り安全な場所にいます。大変な時期ですのでジンジャーや彼の家族、友人のプライバシーに御配慮いただければと思います」

「みなさんの継続的な愛と支援に感謝します。心からありがたいと思っています」

ジンジャー・ワイルドハートはライヴでファンとの口論に巻き込まれて、週末を警察の留置所で過ごしたことも報じられている。

ジンジャー・ワイルドハートは自殺を示唆するようなツイートも行っており、ファンからのサポートが寄せられている。

ジンジャー・ワイルドハートは過去にも自身のメンタルヘルスでの闘いについて語ってきている。昨年、鬱について彼は次のように語っている。「あれは病気で、人が亡くなることもあるんだ。事実、毎年、癌よりも多くの人があの病気で亡くなっている。みんな、癌については問題なく語る。あの病気についてもそうすべきだよ。でも、癌は研究のためのチャリティがあるけど、メンタルヘルスについては政府からの研究資金はないわけでね。とんでもなく犯罪的だよ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ