GETTY

Photo: GETTY

プッシー・ライオットのメンバーの2人が現地時間8月7日に数時間にわたって拘束されている。

マリア・アリョーヒナとオルガ・ボリソヴァは、ウクライナ人の映像作家のオレグ・センツォフの投獄に抗議したため、ヤクーツクで拘束されている。

オレグ・センツォフは現在、ロシアが2014年にウクライナの領土を併合した後、クリミアでのテロ行為を計画した罪で有罪判決を受け、20年間の刑期を務めている。彼は自分が犯していないと語る罪の自白を強要され、拷問を受けたと主張している。

マリア・アリョーヒナとオルガ・ボリソヴァは「センツォフを解放しろ」と書かれた横断幕を道路橋の上に掲げ、色がついた煙の柱を打ち上げていたと『ガーディアン』紙は報じている。2人は警察署で拘束された後、無許可でデモを行ったことに対する法廷審問に出席している。

オルガ・ボリソヴァは自身のフェイスブックのページの投稿に、裁判官がケース・ファイルに事実誤認を見つけたため、釈放されたと書いている。

昨年、プッシー・ライオットはTV オン・ザ・レディオのデイヴ・シーテックとレイケリー47によって共作された“Straight Outta Vagina”という新曲を発表している。

“Straight Outta Vagina”のミュージック・ビデオは「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」に出演したルビー・ローズと以前一緒に仕事をしたことで知られるフィリップ・R・ロペスが監督を務めている。

プッシー・ライオットはビデオと共に「私たちはヴァギナを世界に披露できて、嬉しいと同時に誇りに思ってるわ」とツイートし、「1日中クリトリスをこすって公開初日を祝福するの」と続けている。

“Straight Outta Vagina”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ