GETTY

Photo: GETTY

カントリー界のスター、グレン・キャンベルが亡くなった。享年81歳だった。

彼の広報担当であるサンディ・ブロコウは現地時間8月8日、グレン・キャンベルがなくなったことを認めている。

グレン・キャンベルの家族は次のような声明を発表している。「非常に残念ですが、グレン・トラヴィス・キャンベルが享年81歳で死去したことをお伝えします。彼は最愛の夫であり、父親であり、祖父であり、伝説的なシンガー、そしてギタリストでした。彼はアルツハイマー病との長く勇敢な闘いを終えたのです」

グレン・キャンベルは60年に及ぶキャリアの中で、全米シングル・チャートのトップ40に“Rhinestone Cowboy”、“Wichita Lineman”、“By The Time I Get Phoenix”といった21曲を送り込んでいる。

グレン・キャンベルは現在までに全世界で4500万枚の売り上げを記録しており、1968年にはザ・ビートルズを凌ぐ売上を記録している。

グレン・キャンベルは1936年にアーカンソー州のビルズタウンに生まれ、1962年にはロサンゼルスに転居し、スタジオ・ミュージシャンの集まりである「レッキング・クルー」グループに参加している。彼らとともに、ザ・バーズ、エルヴィス・プレスリー、マール・ハガード、ライチャス・ブラザーズといったアーティストとのレコーディングに参加している。

1964年にはザ・ビーチ・ボーイズのツアーに参加している。当時メンバーのブライアン・ウィルソンは、健康上の深刻な問題のためにベースを弾くことや、高いはーもにーを歌うことができなくなっていた。彼自身の初のヒット曲は1965年に発売された、バフィー・セントメリーの“Universal Solider”のカヴァーとなっている。

グレン・キャンベルは2005年にカントリー・ミュージックの殿堂に殿堂入りをしており、今年の6月には最後のスタジオ・アルバムとなる『アディオス』をリリースしている。この作品はボブ・ディランやハリー・ニルソンなどの楽曲のカヴァーが収録されており、2012年のお別れツアー中にレコーディングされたものとなっている。

この訃報を受けて、多くのミュージシャンが彼に追悼の意を表明している。ドリー・パートンは自身のツイッターのページにビデオを投稿し、グレン・キャンベルの才能について語っている。彼女は次のようにキャプションをつけている。「グレン・キャンベルは史上最も素晴らしい歌声の持ち主の1人でした。いつまでもあなたを愛しているわ、グレン!」

その他のミュージシャンのツイートは以下のとおり。

「今日、音楽の世界は大きな存在を失いました。安らかにお眠りください、グレン・キャンベル」

「昔からの友人であるグレンへ。私たちはゴールド・スター(・スタジオ)で出会った。私は16歳で、あなたは26歳だった。ゴルフウェアを着て、レオン(・ラッセル)とあなたが並んでピアノを弾くのを見ているのが私は大好きだったわ。あなたの番組に出演していた日々が愛おしい」

「グレン・キャンベルへ、安らかに。あなたは素晴らしい音楽の才能を持っているだけでなく、私が知る中で最も地に足のついた人物の一人でもありました」

「グレン・キャンベルが亡くなったと聞いて、本当に悲しいです。彼のご冥福をお祈りしています。また家族にもお悔やみ申し上げます」

「グレン・キャンベルが亡くなったことを聞いてとても悲しいです。あなたの音楽は、私を含め多くの人を元気づけてきました。僕の知る中で最も優しい人であり、最高の詩人でもありました。安らかに」

「グレン・キャンベル、本当に長い年月、私たちにその才能を見せてくれてありがとう。どうか安らかに、僕の友人。君が忘れられることは決してないだろう」

「ありがとう、グレン・キャンベル。芸術性、優雅さ、気品、これらをあなたはカントリー音楽に取り入れてくれたのです。本当に多くの意味で、あなたは逸材だったのです」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ