GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは、ロラパルーザのステージを喉の不調のために20分で終えてしまったことをファンに謝罪している。

現地時間8月3日にシカゴでロラパルーザに出演したリアム・ギャラガーだったが、“Rock ‘n’ Roll Star”でステージをスタートさせ、“Morning Glory”に続いて新曲の“Wall of Glass”を披露すると、同じく新作からの“Greedy Soul”のパフォーマンスをしている途中でステージを降りてしまっている。

リアム・ギャラガーはその後ステージを降板して間もなくツイッターを更新しており、声が「ダメになった」ために1時間の予定だったステージを途中で終わらせてしまったことを説明している。

リアム・ギャラガーはツイッターに次のように綴っている。「シカゴのロラパルーザで俺のギグに来てくれた人たちに謝るよ。昨日の夜のギグが大変でさ、声がダメになってたんだ。俺もがっかりしてるよ」

ファンはツイッターにライヴの映像を投稿しており、“Greedy Soul”の途中でステージを降りてしまったリアム・ギャラガーと、その後も演奏を続けるバンドの様子を確認することができる。

一方、リアム・ギャラガーは先日、「二つの終わったバンド」に在籍していたことを受けてソロ・アーティストとしての可能性に疑念を向けられることが奮起させたと明かし、「連中に勝たせる」ようなまねはしないと語っている。

「戻ってこられて、すげえ嬉しいんだよ」と彼は『GQ』誌に語っている。「だって、連中が腰を据えて待っているって事実を俺は知っているからな。連中も喜んでるかもしれないって言うけどさ。でも、奴らはこんな感じなんだ。『最悪だぜ、おい。やつがまた戻ってきたぞ。やつには、二度の離婚、婚外子、二つの終わったバンドがある、それに三回ダサい髪型をしてた。そのくせまだ舞い戻ってこようとしているぞ』ってな」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ