GETTY

Photo: GETTY

エド・シーラン、ストームジー、ザ・エックス・エックスらが今年のマーキュリー・プライズの候補作に選ばれている。

他にもサンファ、ブロッサムズ、ケイト・テンペスト、J・ハス、ロイル・カーナー、アルト・ジェイが候補作に選ばれており、今年のマーキュリー・プライズは2016年6月30日から2017年7月21日の間にリリースされたUKとアイルランドのアーティストの作品を対象としている。

12作の候補作にはダイナソー、グラス・アニマルズ、ザ・ビッグ・ムーンも含まれている。候補作は現地時間7月27日朝にロンドン中心部で行われたイベントで発表されている。

候補作は以下の通り。

Alt-J: ‘Relaxer’
Blossoms: ‘Blossoms’
Dinosaur: ‘Together, As One’
Ed Sheeran: ‘Divide’
Glass Animals: ‘How To Be A Human Being’
J Hus: ‘Common Sense’
Kate Tempest: ‘Let Them Eat Chaos’
Loyle Carner: ‘Yesterday’s Gone’
Sampha: ‘Process’
Stormzy: ‘Gang Signs & Prayer’
The Big Moon: ‘Love In The Fourth Dimension’
The xx: ‘I See You’

今年のマーキュリー・プライズの授賞式は9月14日にハマースミス・アポロで開催される予定となっている。昨年はスケプタのデビュー・アルバム『コンニチワ』が受賞している。

今年の新たな審査員にはマムフォード・アンド・サンズのマーカス・マムフォード、リアン・ラ・ハヴァス、エラ・エア、DJのミスタジャムらがいる。ジェイミー・カラム、ジェシー・ウェアもBBCのクララ・アンフォやBBC 6ミュージックのトップであるジェフ・スミスと共に今年の審査員を務めている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ