GETTY

Photo: GETTY

クリス・コーネルの未亡人であるヴィッキー・コーネルは、亡き夫の死が自殺として鑑定されたことについて疑念を打ち明けている。

サウンドガーデンやオーディオスレイヴのフロントマンだったクリス・コーネルは5月17日に自身のホテルの部屋で亡くなっていたところを発見されている。享年52歳だった。死因については自殺であることが明らかになっている一方で、クリス・コーネルの家族は彼に処方されていた薬が自殺の原因であるという可能性に言及している。

薬物検査報告によれば、死亡時のクリス・コーネルの身体にはナロキソン、ブダルビタール、ロラゼパム(アチバン)、プソイドエフェドリン(鼻炎薬)、バルビツレートを含む処方箋薬が見つかっているが、彼の意志決定には影響を及ぼしていないと見られている。

しかし、ヴィッキー・コーネルは『ピープル』誌とのインタヴューの中でこれらの結果に疑念を示し、次のように語っている。「夫のクリスは幸せで、愛情深く、思いやりがあって、あたたかかったわ。鬱ではなかった。私が見逃してしまったのはそのことじゃない。私が見逃したのは依存のサインだったのよ」

「彼は死にたくなかったのよ」と彼女は続けている。「もし正常な精神状態だったら、彼がこうしなかったことはわかってるの。クリスは謙虚で、思いやりがあって、親切で、辛抱強くて、素晴らしかったわ」

最後の電話と、クリス・コーネルの死までの数時間についてヴィッキー・コーネルは次のように語っている。「(彼が落ち着いてない時っていうのは)何かが変だっていうサインだったの。あれは私の知ってるクリスじゃなかったわ」

「依存は病気なのよ」と彼女は続けている。「あの病気はあなたを乗っ取って、すべての力を握ってしまう……私の子供たちが泣いたように、他の子供たちが泣かずにいられるように、できる限りすべてのことをするつもりよ」

妻のヴィッキー・コーネルは先日、クリス・コーネルへの追悼文を寄せている。

ヴィッキー・コーネルはその中で、次のように綴っている。「私は傷ついてますが、あなたのために立ち上がって、二人の美しい子供たちを育てていきます。いつの日も、常にあなたのことを想っています。あなたのために闘うのです。あなたは私たちがソウルメイトだって言ってくれましたが、それは本当です。一度交わった道はもう一度交わると言われています。だから、あなたはきっともう一度、私を見つけてくれるって信じています。私はずっとここで待っています」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ