YouTube

Photo: YouTube

ラナ・デル・レイは、ザ・ウィークエンドが参加した、ニュー・アルバムの表題曲となる新曲“Lust For Life”を公開している。

同曲は2015年リリースのアルバム『ハネムーン』以来となる新作に収録される。同作からは既にリード・シングルの“Love”が公開されており、アルバムを予告する魔女をモチーフとした動画も公開されており、アルバムは「まもなく」リリースされるとしている。

新曲“Lust For Life”は現地時間4月19日にBBCラジオ1のミスタジャムによる番組で初公開された後、YouTubeでも公開されており、その映像はラナ・デル・レイとザ・ウィークエンドがハリウッドの看板で一緒に過ごすものとなっている。

ミスタジャムとのインタヴューの中でラナ・デル・レイは「最初にいくつか公開したかったのはアルバムでもよりリッチで、大きなサウンドの楽曲だったの」と語っており、「全編をワン・テイクでレコーディングしたラヴ・ソング」である“Yosemite”というアコースティックの楽曲があることも明かしている。

新曲“Lust For Life”はこちらから。

先日、『デイズド&コンフューズド』誌に対してラナ・デル・レイは、ザ・ウィークエンドとのコラボレーションについて次のように語っていた。「表題曲はちょっと風変わりかもしれないわね。でも、本当に気に入ってるの。前からずっと一緒になにかやろうと言ってたのよ。(ザ・ウィークエンドの)ここの2作にも参加してたしね」

ラナ・デル・レイはこれまでザ・ウィークエンドの“Prisoner”と“Stargirl Interlude”に参加している。

『デイズド&コンフューズド』誌のインタヴューではラナ・デル・レイとコートニー・ラヴがお互いの音楽を気に入っていること、ショーン・レノンとの新曲があることなども明かされている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ