GETTY

Photo: GETTY

メタリカのベーシストであるロバート・トゥルージロの12歳の息子、タイ・トゥルージロがコーンの南米ツアーに参加した映像がオンラインで公開されている。

ザ・ヘルメッツのメンバーでもあるタイ・トゥルージロはコーンのベーシストであるフィールディの代役としてコロンビア、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルーでのライヴに参加している。

コロンビアの首都、ボゴタでの公演の模様はこちらから。

Tye Trujillo de 12 años, hijo de Robert Trujillo (Metallica), debutando en el Bajo con #koRn

Don Chincheさん(@donchinche)がシェアした投稿 –

コーンはソーシャル・メディアを通して今回の代役について次のように発表していた。

「4月17日よりコーンは、コロンビア、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルーといった一連の南米ツアーに向かいます。予期せぬ事態のためにフィールディがライヴに参加できないので、バンドはスペシャル・ゲストを迎えます。ベースを代わりに担当してくれるのはメタリカのロバート・トゥルージロの12歳の息子であり、北カリフォルニアのバンド、ザ・ヘルメッツのメンバーであるタイ・トゥルージロです。バンドは次のように述べています。『フィールディが今回の日程に参加できないのにはガッカリだが、タイのような若いプレイヤーと数公演できるのが楽しみなんだ。5月にアメリカに戻った時にフィールディが戻ってくるのが楽しみだよ』フィールディは5月6日のカロライナ・リベリオンから復帰します」

一方、メタリカのフロントマンであるジェイムズ・ヘットフィールドは、最新インタヴューの中で政治は人々を「分断する」ものであると述べ、ドナルド・トランプ大統領に対する見解は自身の中に留めておくとしている。

チリの新聞『ラ・テルセラ』に対してジェイムズ・ヘットフィールドは「みんながドナルド・トランプについての意見を持ってると思うんだ。俺の意見は自分だけに留めるよ」と語っている。彼は次のように続けている。「俺はロック・バンドのシンガー兼ギター・プレイヤーだからね。政治は嫌いだね。政治について語りたくないんだ。俺にとっては重要じゃないんだよ。何が重要かって言うと、音楽で人々を結びつけることなんだ。政治、宗教……こういうものは人々を分断してしまうんだ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ