GETTY

Photo: GETTY

ピンク・フロイドが『狂気』のレコーディングに使用したミキシング・コンソール、アビイ・ロード・スタジオEMI TG12345 MK IVがオークションにて180万7500ドル(約2億円)で落札されたという。

このミキシング・コンソールは、EMIエンジニアにより製作された2つのカスタム・コンソールのうちの1つで、1971年~1983年にかけてアビー・ロードの第2スタジオで使われたもので、ポール・マッカートニーやケイト・ブッシュ、ジョージ・ハリソンらのアーティストのレコーディングに使用されたという。

このコンソールは1983年にアビイ・ロード・スタジオが機材の刷新をする際にマイク・ヘッジズによって引き取られ、今回彼が競売に出品している。落札者の情報は明らかにされていない。

ピンク・フロイドは3月24日に、昨年11月にリリースされた27枚組ボックス・セット『The Early Years 1965-1972』が6つの商品に分割されてリリースされている。

活動時期によってマテリアルが6分割されており、『1965-1967 CAMBRIDGE ST/ATION』、『1968 GERMIN/ATION』、『1969 DRAMATIS/ATION』、『1970 DEVI/ATION』、『1971 REVERBER/ATION』、『1972 OBFUSC/ATION』の6商品がリリースされている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ