GETTY

Photo: GETTY

UKで最も人気のある映画のサウンドトラックは『タイタニック』のサウンドトラックだという。

この調査はロンドンのロイヤル・アルバート・ホールが行ったもので、1997年公開の大作『タイタニック』が『炎のランナー』や『スター・ウォーズ』、『ジュラシック・パーク』を破って首位に立っている。

「素晴らしい映画音楽のことを忘れることはありません。大作から小作品まで、映画音楽には感情を掻き立てる比類なき力があるのです」とロイヤル・アルバート・ホールのアート・ディレクターであるルーシー・ノーブルは述べている。「映画ファンの皆様にお気に入りのサウンドトラックを訊いてみました。そして間違いのない結果が出ました。ジェームズ・ホーナーによる壮麗で美しい『タイタニック』のスコアが選ばれたのです」

彼女は次のように続けている。「『荒野の七人』や『大脱走』が人気を集めていることも素晴らしいですね。この二つの名作については俳優のジョン・ランディスが司会を務める指揮者のエルマー・バーンスタインを記念した公演でも演奏される予定です」

ロイヤル・アルバート・ホールではフル・オーケストラが映画音楽をライヴで演奏する映画上演を今年いくつか計画している。

ロイヤル・アルバート・ホールによる映画音楽のトップ10は以下の通り。

1位『タイタニック』
2位『炎のランナー』
3位『スター・ウォーズ』
4位『ハリー・ポッターと賢者の石』
5位『ロード・オブ・ザ・リング』
6位『大脱走』
7位『荒野の七人』
8位『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
9位『グラディエーター』
10位『ジュラシック・パーク』

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ