ED MILES /NME

Photo: ED MILES /NME

ビースティ・ボーイズのDJ/プロデューサーとして知られるミックス・マスター・マイクがメタリカの北米ツアーでDJを行うことが発表されている。

メタリカはオフィシャル・サイトで彼の出演を発表し、次のように述べている。「北米の『ワールドワイアード』ツアーではパーティーが一晩中続くんだ。数々の賞を受賞しているDJにしてプロデューサーのミックス・マスター・マイクが今夏のスタジアム・ツアーでみんなの(そして、俺たちの)お気に入りのハード・ロックとヘヴィ・メタルを回してくれることを発表できて、ものすごく興奮してるよ。ヒップホップ、そしてDJコミュニティの先駆者である彼による巧みかつ痛烈なスクラッチの技を開場後と俺たちがステージに立つまでの各アクトの間でみんなに見てもらえるんだ」

メタリカによる北米ツアーは25公演に及ぶもので、5月10日のバルティモア公演からスタートし、8月16日のエドモントン公演で締めくくられる。

メタリカは先日、メキシコ・シティで行った公演でイギー・ポップと共演を果たしている。

パフォーマンスの前にジェイムズ・ヘットフィールドは観客に向かって次のように語っている。「メタリカとしては、ここにやって来て俺たちと歌ってくれる人物に対してすごく尊敬の念を抱いてるんだ。メキシコ・シティの公演でこんなことができることに感謝してるよ。ミスター・イギー・ポップに対するみんなのリスペクトと愛も見せてくれないか」

両者はザ・ストゥージズの1969年発表の楽曲“T.V. Eye”のカヴァーを披露している。

共演の模様はこちらから。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ