GETTY

Photo: GETTY

ビヨンセが先日のグラミー賞授賞式で行ったパフォーマンスからヴォーカルだけを抽出した音源がオンラインで公開されている。

ビヨンセは最優秀アルバム賞と最優秀レコード賞をアデルに譲る形となったが、授賞式では拍手喝采に迎えられることになったパフォーマンスを行い、最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞と最優秀ミュージック・ビデオ賞を受賞している。

ビヨンセは50人によって1週間がかりで制作した衣装を身にまとい、2016年発表の『レモネード』から“Love Drought”と“Sandcastles”のパフォーマンスを披露している。

パフォーマンスからヴォーカルだけを抽出した音源はこちらから。

https://twitter.com/Bey_Legion/status/831354310533472256

主要3部門でビヨンセを破ったアデルは受賞スピーチで、ビヨンセのファンであることを公言し、『25』ではなく『レモネード』が受賞すべきだったと語っている。

アデルは自身が主要部門の3部門を受賞したことを受けて、異例の記者会見にも応じ、ビヨンセへの思いを語っている。

「彼女が受賞すべき時だと思ってたわ」とアデルは語っている。「最優秀アルバムを取るために、ビヨンセは他に一体何をしなければならないっていうの? それが私の感じたことね」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ