PRESS

Photo: PRESS

今月、来日公演を行うホイットニーの20分を超えるスタジオ・ライヴ映像が公開されている。

元スミス・ウエスタンズのギタリスト、マックス・カケイセックとドラマーであるジュリアン・アーリック率いるホイットニーは、2016年6月にデビュー・アルバム『ライト・アポン・ザ・レイク』をリリースしており、同作は『NME』が選ぶアルバム・オブ・ザ・イヤー2016の42位にランクインしている。

今回公開されたライヴ映像はシアトルのラジオ局「KEXP」のスタジオで収録されたものとなっており、“Golden Days”、“No Woman”、“No Matter Where We Go”、“Polly”の4曲を披露している。

また、先日、ホイットニーはアメリカのテレビ番組「ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア」に出演して、“Golden Days”を披露している。

来週から来日公演を行うホイットニーだが、東京公演のチケットがソールドアウトとなったことも発表されており、残すは大阪公演のみとなっている。

来日公演の詳細は以下の通り。

Hostess Club Presents Whitney
2017/1/18(水)東京・原宿Astro Hall
2017/1/19(木)大阪・梅田Shangri-la
Open 18:00 / Start 19:00
Ticket : ¥5,500(税込 / 1 Drink 別途)

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認下さい。

http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20170118.html

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ