GETTY

Photo: GETTY

ジョージ・マイケルが享年53歳で亡くなったことを彼の広報担当者が認めている。

ジョージ・マイケルは現地時間12月25日に「自宅で穏やかに息を引き取った」という。

BBCニュースによれば、テムズ・ヴァリー警察は南中央救急サービスが午後13時42分にオックスフォードシャーのゴーリングにある彼の自宅を訪れたことを発表している。また警察は疑われる状況はなかったことも発表している。

声明の中でジョージ・マイケルの広報担当者は次のように述べている。「深い悲しみと共に、私たちの愛してきた息子であり、兄弟であり、友人であるジョージがクリスマスの時期に自宅で穏やかに息を引き取ったことを発表します」

「遺族はこの困難で動じやすい時期のためプライバシーの配慮を求めています。現時点でこれ以上のコメントはありません」

ロンドン出身で、本名をヨルゴス・キリアコス・パナイオトゥーというジョージ・マイケルは80年代にワム!でキャリアを始め、最終的にソロでも更なる成功を収めている。

キャリアを通して1億枚以上のアルバムを売り上げており、最近はノーティー・ボーイと共にニュー・アルバムに取り組んでいると報じられていた。

音楽界からも追悼の声が続々と寄せられており、デュラン・デュランは「2016年、また才能のある魂が失われた。ジョージ・マイケルの遺族に愛とお悔やみを申し上げます」とツイートしている。

友人でコラボレーションをしたこともあるエルトン・ジョンは「深いショックにある。愛してきた友人を失った。最高にやさしく、最高に寛大な人であり、素晴らしいアーティストだった。彼の遺族とファンにお悔やみを申し上げます」と述べている。

クイーンのブライアン・メイは「ジョージ? ジョージ・マイケル? そんな……そんなわけがない。あまりに悲しすぎる」とツイートしている。

音楽界からの追悼の声は以下の通り。

「信じられない。安らかに、ジョージ・マイケル」

「そんな。ジョージ・マイケル。純粋に美しい声を持った素晴らしいソングライターだった。“A Different Corner”はお気に入りの曲の一つだったよ」

「そんな。ジョージ・マイケルよ、安らかに」

「ジョージ・マイケルよ、安らかに」

「ジョージ・マイケル。あなたは途轍もない伝説だった」

「この美しい男性が美しい楽曲を歌うのを観て、聴いてほしい」

「安らかに、ジョージ・マイケル」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ