GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストロークスのジュリアン・カサブランカスはグラミー賞を受賞した際にブルース・ロックへの自身の見解を口にしている。

ザ・ストロークスは2020年にリリースした『ザ・ニュー・アブノーマル』で最優秀ロック・アルバム賞を受賞しており、これはバンドにとって初のグラミー賞となっている。

通信が途絶え途絶えのオンラインによる受賞スピーチを行ったザ・ストロークスだが、ジュリアン・カサブランカスはグラミー賞の記者会見でロックの現状について語っている。

「自分としては常にロックンロールをからかってきたところがあってさ。笑えもすれば、クールでもあり、しっくりくる感じもあるとそう思っているんだよね。だから、僕らはこの賞を受賞したんだよ」と彼は語っている。

「何かが死んだと言う人というのは、もしかすると想像力がないのかもしれないとは思うよね。正直、いろんなジャンルの音楽に余地があるわけで、必ずしもブルース・ロックだけじゃないんだよ。もう勘弁してほしいね」

今年のグラミー賞はビヨンセが最多受賞者となっていて、4部門を受賞し、累計28部門の受賞で、女性では最多、シンガーとしては男女を通して最多となっている。テイラー・スウィフトは『フォークロア』で最優秀アルバム賞を受賞しており、3度同賞を獲得した初の女性アーティストとなっている。

ロサンゼルスで行われた授賞式ではハリー・スタイルズ、BTSらがパフォーマンスを行っており、BTSはソウルにグラミー専用のステージを造っていた。テイラー・スウィフトは『フォークロア』と『エヴァーモア』からのメドレーを披露し、ビリー・アイリッシュ、デュア・リパ、ミーガン・ザ・スタリオン&カーディ・B、ハイムらがパフォーマンスを披露している。

ザ・ストロークスは今年7月でデビュー・アルバム『イズ・ディス・イット』が20周年を迎える。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ