GETTY

Photo: GETTY

ブルーノ・マーズは新たなインタヴューで自身が直面した文化の盗用という批判について語っている。

フィリピン人、プエルトリコ人、アシュケナージ系ユダヤ人の血を引くブルーノ・マーズは自身の作品でブラック・ミュージックを盗用したと批判されたことがある。

現地時間3月5日にニューヨークのラジオ番組『ブレックファスト・クラブ』に出演したブルーノ・マーズはそうした批判に対して自身を弁護している。「僕よりも前に登場してきたエンタテイナーたちに言及していない僕のインタヴューは見つけられないと言えるだろうね。僕が今ここにいる唯一の理由はジェイムス・ブラウン、プリンス、マイケル・ジャクソンのおかげなんだ。それが今ここにいられる理由なんだ」

「子どもの頃、ボビー・ブラウンを観て育って、『OK、必要ならばランニング・マンもやらなきゃいけないし、ムーンウォークのやり方も学ばなきゃ』と思っていたんだけど、そういうことなんだ。これらの音楽は愛から生まれているんだ。もしそれが聴き取れないなら、言えることはないね」

彼は次のように続けている。「もしミュージシャンとして自分たちの先人から学ぶことができないんだとしたら、何の意味がある? なんでやってるの? 将来、自分たちのやってることに熱中して、独自のひねりを加えるバンドが現れてくれたらと思うよ。だって、そうじゃなければ、僕らのやっていることに何の意味があるんだろう」

ブルーノ・マーズはアンダーソン・パークと共に新グループのシルク・ソニックを始動させ、デビュー・シングル“Leave the Door Open”をリリースしている。“Leave the Door Open”はアルバム『アン・イヴニング・ウィズ・シルク・ソニック』に収録される予定となっている。

ブルーノ・マーズにとってアルバムは2016年発表の『24Kマジック』以来となり、同作のツアーをブルーノ・マーズとアンダーソン・パークは一緒に行っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ