GETTY

Photo: GETTY

マイ・ケミカル・ロマンスのフランク・アイエロは多くの期待を集めている再結成ツアーについてバンドとステージに戻ってくるのが待ちきれないと語っている。

マイ・ケミカル・ロマンスは新型コロナウイルスによるパンデミックで再結成ツアーが延期されたものの、現時点で6月からツアーを行う予定となっている。

アット・ザ・ドライヴインのジム・ワードに対してフランク・アイエロはたくさんの計画が事前にあったものの、それを実現させるのをいまだに待っていることについて「非常に不思議な体験」だと語っている。

「待ちきれないよね。本当に。非常に不思議な体験だよね。『やあ、大丈夫だよ。これに向かって取り組んできたんだ。よく練られている計画だよ』と言っていたのが突然『一旦止めて待とう』となったんだからね。でも、実現するよ」

「計画というのはジェイムス・ディーンのように準備していない、取り組んでなかったと見せるためのものだからね」と彼は冗談を飛ばしている。「準備もしていないのにクールに見せたいからね」

マイ・ケミカル・ロマンスは6月15日にコーンウォールのセント・オーステルにあるエデン・プロジェクトで行われる公演からUKツアーに戻ってくる予定となっている。しかし、ボリス・ジョンソン首相は「大規模」なライヴ・イベントは6月21日以降の開催を求めており、ツアーは延期されるものと見られている。

昨年12月、マイ・ケミカル・ロマンスは2019年12月に行った再結成公演について振り返っている。

また、マイ・ケミカル・ロマンスは自身のコスメ・ラインが発売されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ