GETTY / YouTube

Photo: GETTY / YouTube

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストであるフリーは10歳のナンディ・ブッシェルによる“Under The Bridge”のカヴァーにお墨付きを与えている。

ナンディ・ブッシェルはこれまでにレッド・ツェッペリンの“Immigrant Song”、ブラーの“Song 2”、ザ・フーの“My Generation”といったロックの名曲をカヴァーしてきている。

「ずっとレッド・ホット・チリ・ペッパーズは好きだったの。これは私の最も好きなバンドの一つによる最も好きな曲の一つよ」とナンディ・ブッシェルは“Under The Bridge”のカヴァー動画の概要欄に記している。

「ありがとう、フリー、チャド、ジョン、アンソニー」とナンディ・ブッシェルは現在のメンバーに言及している。

カヴァー動画はこちらから。

フリーは動画が公開されてから数時間後に反応を示し、「ナンディに常に愛を」とツイートしている。

ナンディ・ブッシェルはこれまでにミューズやコールドプレイ、メタリカのメンバーからもカヴァーの承認を受けている。

昨年、デイヴ・グロールはナンディ・ブッシェルとリモートでドラムバトルを行っており、ナンディ・ブッシェルのテーマ曲も作曲している。それを受けてナンディ・ブッシェルもデイヴ・グロールに“Rock and Grohl – The EPIC Battle”を書いている。

昨年10月、ジョン・フルシアンテはバンドと新曲を書いていると語っていた。

「数ヶ月にわたってリハーサルをしてきたんだけど、その頃に自己隔離が始まって、数ヶ月リハーサルを止めなければならなかったんだ。そして、リハーサルに戻ったんだよね」と彼は語っている。「今はやっていることを前に進めて、新曲を書いているんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ