GETTY

Photo: GETTY

ザ・ウィークエンドは2021年のスーパーボウルのハーフタイムショーを行うことが明らかになっている。

今年、通算4作目となるアルバム『アフター・アワーズ』をリリースしているザ・ウィークエンドは2月7日にフロリダ州のレイモンド・ジェームス・スタジアムにて行われるスーパーボウルに出演する。

ザ・ウィークエンドはビヨンセ、コールドプレイブルーノ・マーズ、マドンナ、ケイティ・ペリー、ジャスティン・ティンバーレイク、レディー・ガガらに続いてアメリカン・フットボールの王座決定戦に出演することになる。

「僕らはスーパーボウルで世界最大のアクトたちが出演するのを観て育ってきて、あのポジションを夢見ることしかできなかった。あの有名なステージの真ん中に立てるなんて恐れ多いし、光栄だし、恍惚としているよ」とザ・ウィークエンドは述べている。

NFLは新型コロナウイルスのパンデミックのためにスーパーボウルを縮小して行うことを発表している。レイモンド・ジェームス・スタジアムの20%だけ観客を入れて試合は行われる。

『ニューヨーク・タイムズ』紙は例年のハーフタイムショーはステージを建てるために数百人の人間が用意され、選ばれた数百人の観客がステージを盛り上げるためにステージに向かうことを指摘している。

DPSと共にハーフタイムショーを手掛けているロック・ネイションの創設者であるジェイ・Zは次のように述べている。「ザ・ウィークエンドは彼自身のサウンドを広めてきました。彼のソウルフルな独自性は音楽や芸術性において素晴らしい新たな世代を定義することになりました。これは並外れた瞬間であり、スーパーボウルのハーフタイムショーは並外れたパフォーマーによる並外れた体験となるでしょう」

NFLのメディア担当であるブライアン・ロラップは次のように続けている。「タンパ・ベイで行われるハーフタイムショーにザ・ウィークエンドが参加することに興奮しています。ハーフタイムショーは優雅さとクリエイティヴィティの歴史であり、彼がスーパーボウルに何をもたらしてくれるのか楽しみにしています」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ