Tom Pallant

Photo: Tom Pallant

ヤングブラッドは最新シングル“Cotton Candy”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Cotton Candy”は“God Save Me, But Don’t Drown Me Out”、“Weird!”、“Strawberry Lipstick”に続いてセカンド・アルバム『ウィアード!』から公開された4曲目の楽曲となっている。

「この曲のテーマは性の解放についてなんだ」とヤングブラッドは“Cotton Candy”について語っている。「自分にとって性別や性的指向とは自由なもので、相手のジェンダーや身体のサイズなどを問わず、その相手に自分自身を捧げることを通して、自分自身を再発見できると思っている。性的なやりとりというのは何も恥じるべきことではないよ。逆に祝福すべきことさ。安全なセックスをすることは愛を広げることであり、今こそ世の中は愛を必要としているからね」

タヌ・ムーニョが監督を務め、ウクライナで撮影されたミュージック・ビデオは様々なカップルがキスし合うものとなっている。

アルバム『ウィアード!』は11月13日にリリースされる。

ヤングブラッドはオンラインでヴァーチャルなワールド・ツアーを行うことが決定している。

約1ヶ月に渡って行われるツアーは11月16日のロンドン公演からスタートする。各公演のチケットはヤングブラッドの海外公式サイト経由で入手可能だが、日本からのライヴ視聴は時差の関係上、日本時間12月7日18時から行われるシドニー公演が勧められている。

先日、ヤングブラッドはテイラー・スウィフトの“Cardigan”とアヴリル・ラヴィーンの“I’m With You”をマッシュアップしたパフォーマンスを行っている。

テイラー・スウィフトはこのパフォーマンスについて次のようにツイートしている。「これには息を呑んだわ。“Cardigan”を素晴らしいアヴリル・ラヴィーンの名曲“I’m With You”と結びつけてくれたのを聴いたけど、光栄だわ。ブラボー、そして、ありがとう、ヤングブラッド」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ