PRESS

Photo: PRESS

クイーン+アダム・ランバートは10月2日にリリースされたライヴ・アルバム『ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド』が全英アルバム・チャートの首位を獲得している。

クイーンが最後に全英アルバム・チャートの1位を獲得したのは最後のスタジオ・アルバムとなる『メイド・イン・ヘヴン』で獲得した1995年で、1975年に彼らが初めて全英1位に輝いた『オペラ座の夜』がリリースされてから45年の時が経過している。

10枚のアルバムで全英アルバム・チャート1位を獲得したというクイーンの記録はエミネムマイケル・ジャクソン、ロッド・スチュワート、U2に並ぶ記録となり、アバとボブ・ディランの9枚を超えている。アダム・ランバートにとっては最高位8位だった2015年の『オリジナル・ハイ』を上回り、初の全英1位獲得となっている。

ギタリストのブライアン・メイはオフィシャル・チャート・カンパニーに次のようなコメントを寄せている。「ありがとう、みんな。クイーンをこうしてまたナンバーワンにしてくれて。クイーン+アダム・ランバート初のリリースが第1位!……最高だね。みんなの幸福を祈ってるよ」

ロジャー・テイラーは次のように続けている。「1位だってさ! 僕の好きな数字だ。クイーンのアルバムが1位になるのは25年ぶりだ。ワクワクするよ、いまだにね。アルバムを買ってくれたみんな、ありがとう。気に入って、楽しんで、たくさん興奮してもらえたなら嬉しい」

アダム・ランバートは次のように語っている。「僕らがナンバーワンだなんて、言葉にならないくらい興奮してる。いつも言ってることだけど、ブライアンとロジャーと一緒に仕事が出来る僕は、世界一幸運な人間だ。たくさんの人にこんなにアルバムを楽しんでもらえて、本当に嬉しい。何年経とうとも、こうしてクイーンの最高の音楽を、皆で祝えるのは素晴らしいことだよ。再びツアーで世界中の会場を回りたいよ、近いうちにね!」

先日、ギタリストのブライアン・メイは今年患った心臓発作からの回復状況について語っている。

「心臓発作は動脈疾患の象徴でね。僕は飲まないし、タバコも吸わないし、コレステロールも高くないし、ツアーでは運動もしていたけど、なんで起こったんだろうね。でも、今はこれまで以上に動く心臓を手にしているんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ