Pooneh Ghana/NME

Photo: Pooneh Ghana/NME

ブラーのフロントマンであるデーモン・アルバーンは先日語ったアデルとの共作についてのコメントに触れ、間違って伝えられているように感じていることを明かしている。

9月にデーモン・アルバーンは、アデルと共作したことを認め、自身の曲が使われるかどうか、疑いの念を明かしていた。アデルの新作についてデーモンは「すごく一般受け」する作品だとし、アデル本人については「不安定なところがある」と語っていた。

アデルは後日、この意見について返答しており、自身の音楽的な憧れの存在と共作したことについての「後悔」を口にしている。「どれも正しくないし、どれもわたしのアルバムとは違う話だわ。彼は私のことを不安定だと言ったわよね。でも私は、自分ほど落ち着いてる人間もなかなかいないと思ってる。私は彼に、自分の中にある懸念について意見を聞いたの、子供を連れて現場に戻ることについてね。だって彼にも子供がいるから。そうしたら、私を不安定だなんて言うんだもの」

今回、デーモン・アルバーンは英『タイム・アウト』誌に、あの発言は文脈をはぎ取られ、筋書きを作ろうとするメディアに使われてしまったと語っている。「昨日なんかツイッターで5位だったんだぜ……どんだけイヤだったことか」

「事実じゃないのに、人々がどれだけ確証なしに勝手に話を進めて、違うものにして、反応を見てくるかについては驚かされるよ」

あの発言についてオンラインで受け取ったネガティヴな発言について述べながら、デーモン・アルバーンは次のように語っている。「みんな、やさしくなんかないからね。教えられたよ。でも、慣れてるんだ。聞いてくれよ。僕は曲を書くのが大好きで、そのためにここにいるんだ。そして、それは恩恵だと思ってるんだよ」

デーモン・アルバーンは、『ザ・サン』紙にアデルとの作業について次のように語っていた。「アデルに一緒にやらないかと頼まれたてさ。それで彼女のために時間をとったんだ。彼女が僕の曲を使うかなあ? 僕はそうは思わないんだけどね」

彼はこう続けている。「彼女は不安定なところがあるからね。そんな必要ないのにね。彼女はまだ若いんだから」。そして、アルバムについては「すごく一般受け」する作品だとしていた。

一方、アデルは「憧れの人には会うべきではない」と米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「何が悲しいって、私は昔からブラーの大ファンだったってことなのよ。とても残念だし、最初から一緒に仕事をしなければよかったって後悔してるわ」

アデルのニュー・アルバム『25』は11月20日にリリースされ、72時間で538000枚のセールスを記録し、初週のアルバム・セールス記録を塗り替えるものと見られている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ