YouTube/Drake

Photo: YouTube/Drake

ドレイクはミックステープやフィーチャリングでの楽曲参加に続いて、リル・ダークとのコラボレーションとなる新曲“Laugh Now Cry Later”が公開されている。

ドレイクは新曲をデイヴ・マイヤーズが監督したミュージック・ビデオと共に公開している。ミュージック・ビデオはナイキの本社が登場し、ケヴィン・デュラントやマーショーン・リンチ、オデル・ベッカム・ジュニアといったアスリートが登場している。

“Laugh Now Cry Later”のミュージック・ビデオはこちらから。

ドレイクは先日、ブルーノ・マーズとのコラボレーションが実現するのではないかという噂も持ち上がっている。

“Laugh Now Cry Later”はドレイクのニュー・アルバム『サーティファイド・ラヴァー・ボーイ』に収録されることも明らかになっている。

先月、先日、ドレイクのエンジニアは2018年発表の『スコーピオン』に続くニュー・アルバムについてほぼ完成していることを明かしていた。エンジニアのノエル・カダスターは90%完成していると述べながら、「でも最後の10%を待たなければならないんだ」と語っている。

ドレイクは今年、様々なコラボレーションを行ってきており、リル・ヨッティー、ポップカーン、フューチャー、パーティーネクストドア、DJキャレドの楽曲に参加している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ