PRESS

Photo: PRESS

デュア・リパは今年3月にリリースした『フューチャー・ノスタルジア』の全編リミックス・アルバム『クラブ・フューチャー・ノスタルジア』を8月28日にリリースされることが決定している。

これはザ・ブレスド・マドンナとのコラボレーションによる作品で、彼がキュレーションを担当している。ザ・ブレスド・マドンナは本作について次のように語っている。「『フューチャー・ノスタルジア』をミックス・アルバムを再構築する作業は壮大なプロジェクトで、僕の屋根裏部屋で極秘に進められていたんだ。このデュアの作品にファンタジーを加えていくという作業は、ある意味でこのコロナ渦というのは理想的な環境だった。本当に壮大で無限に続くようなタスクだった。リミックスを制作して、多数のアーティストの更なるリミックスとを紡いで一つの世界に仕上げるということは気が遠くなる作業だったし、すごく興奮したよ。デュアに対する関心は深まるばかりだった。明晰で、時代を代表するアーティストなのにも関わらずとても素晴らしいんだ。このプロジェクトがとても好きだし、みんなも気に入ってくれると嬉しいよ

アルバムのリリースに先駆けて現地時間8月13日にはミッシー・エリオット&マドンナが参加した“Levitating”のリミックスが先行解禁されることが決定している。

このアルバムの制作に関してデュア・リパは次のように語っている。「この数ヶ月間というのは本当に非現実的な世界だった。まるで私とクラブに一緒にいるかのように、皆が家に居ながらにしてオンライン上で私の『フューチャー・ノスタルジア』を楽しんでくれてたから。私の自宅での生活に喜びを与えてくれたの。ザ・ブレスド・マドンナは極秘に私をヘルプしてくれて、このミックステープを『クラブ・フューチャー・ノスタルジア』に仕上げてくれたの。私たちはこのプロジェクトに、フレンズやレジェンド・アーティストに参加してほしいとオファーしたのよ。ミッシー・エリオットとマドンナは“Levitating”のリミックスに、私の夢だったグウェン・ステファニーとマーク・ロンソンがチームを組んだ“Physical”はもうネクスト・レベルの仕上がりだったわ。でももっと沢山のサプライズがあるから期待していてね!」

ミッシー・エリオットはつぎのように語っている。「デュアが私に声をかけてくれた時は本当に嬉しかったの。彼女の作品のファンだし、彼女の作品にある80年代なヴァイブスを愛しているから。彼女のチームが制作中のトラックを受け取った時、おお! これは本当にアツいと思ったの! それですぐに自分のヴァースを録音したわ。デュアもそれを気に入ってくれたから今こうして披露することが出来たってこと!」

グウェン・ステファニーは次のように語っている。「デュアがマーク・ロンソンと私に“Physical”のリミックスについてオファーしてくれた時はとても興奮したわ。『クラブ・フューチャー・ノスタルジア』は最高のダンス・パーティーだし、そこに参加することが出来てとてもワクワクしているの」

マーク・ロンソンは次のように続けている。「僕はあまりリミックスはやらないんだけど、デュアは僕の友達だからね。彼女のためにスペシャルなものを作りたかったし、全く新しい何かをその楽曲に注入したかったんだ。基本的には新曲を聴くぐらいの感覚のものにしたかったんだ。グウェンのボーカルを聞いてぶっ飛んだよ。最高だよね」

アルバムの全容およびトラックリストはまだ解禁されていない為、他にも多数アーティストが参加しているという。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ