GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイは昨年、警察官によって殺害された23歳のイライジャ・マクレインに“Paradise”を捧げている。

コールドプレイは現地時間6月27日に開催された「グローバル・ゴール:ユナイト・フォー・アワー・フューチャー」で『マイロ・ザイトロ』に収録の“Paradise”を披露している。このイベントは新型コロナウイルスの治療が必要な人への資金を募るものとなっている。

コールドプレイのパフォーマンス映像はこちらから。

イライジャ・マクレインは2019年8月にチョークホールドをされて、ケタミンを注射された後に亡くなっている。ジョージ・フロイドの死を受けてイライジャ・マクレインは再び注目を集める形となっている。

コールドプレイはネルソン・マンデラ大統領の言葉を引用してパフォーマンスを始めている。「あなたの選択が、恐怖ではなく希望を映し出すものになることを祈っています」コールドプレイはロサンゼルスからパフォーマンスを行っており、映像はアニメーションと組み合わさったものとなっている。

「グローバル・ゴール:ユナイト・フォー・アワー・フューチャー」には他にもジャスティン・ビーバー、マイリー・サイラス、シャキーラ、アッシャーらが出演している。

パフォーマンス映像はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ