GETTY

Photo: GETTY

AC/DCはアートワークがジグソーパズルになることが明らかになっている。

1976年発表のインターナショナル・バージョンの『ハイ・ヴォルテージ』、1981年発表の『悪魔の招待状』、1987年発表の『ブロウ・アップ・ユア・ヴィデオ』、1995年の『ボールブレイカー』という4枚のアルバムがジグソーパズルになるという。

ジグソーパズルはそれぞれ500ピースで、ジー・プロダクションの「ロックソー」の一環として9月4日に発売される。

購入はこちらから。

http://www.zeeproductions.co.uk/index.php/ac-dc/?fbclid=IwAR1et6CMC15TUFHn_pv8to3PmJ3uXmkutwxBjRFnQJw2nazxq4et89–_X0

この会社ではメタリカとラッシュをジグソーパズルにしたほか、アイアン・メイデン、スレイヤー、ジューダス・プリースト、モーターヘッドのジグソーパズルも発売されている。

一方、レディオヘッドも「レディオヘッド・フラグメンタリー・タイム・ウェスター」と題した自身のジグソーパズルの販売を開始している。

1000ピースのジグソーパズルは2004年にリリースされたコンピレーションEP『コム・ラグ:2+2=5』のアートワークを完成させるものとなっている。

ジグソーパズルの宣伝文句では次のように述べられている。「退屈? やることがない? うんざり? テレビに観るものもない。もう無理! 何をする? ジグソーパズルはどうかな」

「何それ、もっと聞かせて。レディオヘッドのジグソーパズルだよ。たくさんのピースがあるの? そう1000ピース。難しくて時間がかかる? そう思うよ。いい響きだね。手頃な値段? 君の懐具合によるかな。完成させても、まだ退屈な可能性はある? ああ、多分ね。実に最高だね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ