GETTY

Photo: GETTY

ワイト島フェスティバルは新型コロナウイルスによって2020年が中止になったことを受けて2021年のラインナップを発表している。

ワイト島フェスティバルは2021年の6月17日から20日に戻ってくる予定となっており、2020年に出演する予定だったヘッドライナーのライオネル・リッチー、ルイス・キャパルディ、スノウ・パトロール、デュラン・デュランはすべて2021年に出演する。

さらにピート・トン&ザ・ヘリテイジ・オーケストラ、カーリー・レイ・ジェプセン、メイヴィス・ステイプルズ、ザ・スナッツが出演することも決定している。

他にも2019年にワイト島フェスティバルに出禁になっていたジェス・グリン、オール・セインツ、アー・ユー・エクスペリエンスド?、アサイラムス、バルコニー、ベッキー・ヒル、ドナ・ミサル、ディラン・ジョン・トーマス、エラ・ヘンダーソン、イグザンプル、フーア、ハッピー・マンデーズ、ジェイムス・アーサー、ジェイムス・ヴィンセント・マクモロー、ジョイ・クルックス、カイザー・チーフス、ライトニング・シーズ、LONA、ライラ、メイジー・ピーターズ、マキシモ・パーク、メーガン・マッケンナ、ナターシャ・ベディングフィールド、ニュー・ルールズ、プライマル・スクリームが出演する。

さらにレイザーライト、レベッカ・ハーン、ローチフォード、ロズウェル、サム・フェルト、サム・フェンダー、シーシック・スティーヴ、シェド・セヴン、シグマ、スーパーグラス、ザ・メイナー、ユー・ミー・アット・シックスも出演する。

ライオネル・リッチーは次のようにコメントしている。「今年の夏にワイト島フェスティバルで演奏するのを楽しみにしていましたが、多くのことが延期されていて非常に悲しんでいます。みなさんの健康と安全が第一です」

「でも、今は一層楽しみとなっており、僕らは素晴らしいパーティーをやることになるのは分かっているからね。音楽界の歴史を刻んできたフェスティバルだからね。ジミ・ヘンドリックス、ボブ・ディランザ・ローリング・ストーンズがヘッドライナーを務め、そんな恐れ多いリストに加わることになって光栄だよ。来年会おう」

2020年のチケット購入者は来年に持ち越すことが可能となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ