PRESS

Photo: PRESS

ゴリラズは新たなアートワークやパズル、ゲームなども含む初の書籍を刊行することを発表している。

『ゴリラズ・オールマナク(※ゴリラズ年鑑)』と題された本書はプレス・リリースによれば「120P超フルカラーによる唯一無二の楽しさに溢れたゴリラズの輝かしい20年に対するちょっとしたオマージュ」と評されている。

年鑑にはバンドメンバーやキャリアを通してコラボレーションしてきた様々なアーティストが登場する漫画も掲載される。

出版社「Z2」のジョシュ・フランケルは次のように述べている。「アートワーク、音楽、物語、そのすべてが歴史において最も話題になることになったものの一つに繋がっています。私たちが考えていることを見てもらえば、誰もが待つ価値のあるものだと同意してくれるものと思っています」

『ゴリラズ・オールマナク』はZ2より10月に刊行される。

先日、ゴリラズはアメリカのテレビ番組でシングル“Aries”のパフォーマンスを披露している。

先月、ゴリラズは「ソング・マシーン」シリーズの第3弾としてピーター・フックとジョージアが参加した新曲“Aries”を公開している。

「ジミー・キンメル・ライヴ!」からの映像はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ