GETTY

Photo: GETTY

レディー・ガガは新型コロナウイルスを受けての救済コンサート「ワン・ワールド:トゥギャザー・アット・ホーム」の更なる出演者を発表している。

グローバル・シチズンと世界保健機関が主催するこのコンサートは現地時間4月18日に開催される。先週、開催が発表された際、ビリー・アイリッシュ、ポール・マッカートニー、コールドプレイのクリス・マーティンらが出演することが発表されていた。

コンサートのキュレーションを行っているレディー・ガガはツイッターで更なる出演者を発表しており、テイラー・スウィフト、ザ・キラーズ、クリスティーヌ&ザ・クイーンズ、ファレル・ウィリアムス、カミラ・カベロ、ジェニファー・ロペス、アリシア・キーズ、サム・スミスらが出演することを発表している。

「私たちがまとめたものを観てもらえるのが待ちきれないわ。ぜひ観て」とグローバル・シチズンによるラインナップ発表のツイートにレディー・ガガはキャプションを寄せている。

コンサートの映像は翌日の4月19日にBBC 1でも放送され、UKアーティストのパフォーマンスや前線で働く人々のインタヴューが追加される。

先週、レディー・ガガはアップルのCEOであるティム・クックとのテレビ電話で「ワン・ワールド:トゥギャザー・アット・ホーム」に同社からの「相当額」の寄付を取り付けている。

また、レディー・ガガは新型コロナウイルスを受けて通算6作目となるニュー・アルバム『クロマティカ』のリリースを延期することを発表している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ