GETTY

Photo: GETTY

ロビー・ウィリアムスはリアム・ギャラガーとの論争を再燃させようとしているという。

『ザ・サン』紙に対してロビー・ウィリアムスはリアム・ギャラガーに賛辞を寄せているが、途中で打って変わって、リアム・ギャラガーについて「クソ野郎」と語っている。

ロビー・ウィリアムスは次のように語っている。「リアムについて言えることは、彼は素晴らしいということだよ。彼は素晴らしいシンガーであり、正真正銘のロックンローラーだからね。彼がいることで世界はよりよくなっているわけだからね。彼はアイコニックだよ」

「アートとクソ野郎のことは分けて考えなきゃいけないこともあるわけでね。俺はそうやって考えられるしさ」

昨年、ロビー・ウィリアムスはリアム・ギャラガーのことを「いじめっ子」と呼び、彼と勝負したいと語っていた。

ロビー・ウィリアムスは音楽業界におけるその個性についてリアム・ギャラガーに賛辞を寄せつつも、まだ過去のことを水に流すつもらいはないとしている。

「敬意はあるけどね。彼は時代の声となった人だし、最後の絶滅危惧種だしさ。最近のポップ・スターはあまりにも退屈だろ」と彼は語っている。

「でも、まだ彼とは勝負したいよ。彼は俺にとって学校のいじめっ子の象徴なんだ。そういういじめっ子はやっつけたいからね」

リアム・ギャラガーとロビー・ウィリアムスは1990年代に一時的に友人関係にあったものの、2000年に開催されたブリット・アウォーズでロビー・ウィリアムスがリアム・ギャラガーを揶揄するなど、一連の口論を繰り広げていることで知られている。

リアム・ギャラガーは2013年、自身のバンドであるビーディ・アイよりも大きな会場でマンチェスター公演を行ったロビー・ウィリアムスを「デブのクソ間抜け」と揶揄している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ