GETTY

Photo: GETTY

アダム・ランバートはジョージ・マイケルの伝記映画が作られることがあれば、ジョージ・マイケル役を演じる準備があることを明かしている。

新たなインタヴューでアダム・ランバートはジョージ・マイケルの伝記映画を観てみたいと語っている。

「すごく興味深いものになると思うね」と彼は『メトロ』紙に語っている。「クールなものになるはずだよ。僕としては彼については多くを知らないところがあるように感じているんだよ。僕としてはジョージ・マイケルの人生を掘り下げるのは素晴らしいことだよ」

ジョージ・マイケルの役を演じたいと思うかと尋ねられると、アダム・ランバートは次のように語っている。「挑戦してみるよ。ああ、ぜひ加えてほしいね」

2011年からクイーンとツアーを行っているアダム・ランバートは映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーの交際相手の1人としてわずかに出演している。

ジョージ・マイケルは2016年のクリスマスに享年53歳で亡くなっている。

先日、ロビー・ウィリアムスはアダム・ランバートがヴォーカリストとして参加する前にクイーンのフロントマンを依頼されたことを明かしている。

ロビー・ウィリアムスは2001年に映画『ROCK YOU!』のために“We Are The Champions”を再レコーディングした時にブライアン・メイとロジャー・テイラーを感心させたものの、2人の申し出を断ったと言われてきた。

しかし、最終的にフレディ・マーキュリーを継ぐのを妨げることになったのは「自己評価の低いところ」だったとロビー・ウィリアムスは語っている。

彼はシリウスXMに次のように語っている。「マイクをもってすごく自信に満ち溢れているとしても、僕はすごく自己評価の低いところがあってね」

「ステージに上がって、フレディ・マーキュリーと同じ地平に立つには自分にも大胆さが必要だと思ったんだよ。彼は僕にとって天使のようで、人間離れした存在だったからね。ただ、すごく怖かったんだ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ