GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイは『動物農場』に影響を受けた“Trouble In Town”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Trouble In Town”は通算8作目となる『エヴリデイ・ライフ』から5曲目のシングルとなっている。

ジョージ・オーウェルの政治風刺作『動物農場』からヒントを得たイーフェ・マカードルが監督を務めた“Trouble In Town”のミュージック・ビデオは不穏な作品となっている。

擬人化した動物によるディストピアの世界には豚の政治家や狐の売人、白豹の警察官などが登場する。

“Trouble In Town”やミュージック・ビデオからの収益は間違った有罪判決を覆すことに取り組むイノセンス・ピープルと南アフリカのかよわい子供のためのチャリティACFSに寄付される。この曲にはACFSから提供された子供たちの声が使われている。

先日、コールドプレイはNPRの名物企画「タイニー・デスク・コンサート」に出演してプリンスのカヴァーを披露している。

フロントマンのクリス・マーティンとギタリストのジョニー・バックランドは9人編成のフォー・ラヴ・コーラス隊とともに出演し、コールドプレイの過去作や新作からの楽曲から成るショート・セットのパフォーマンスを披露している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ